サイト名

組織紹介|発起人代表挨拶

トップ > 組織紹介 > 発起人代表挨拶

発起人代表挨拶

今回、国際津波防災学会という学会により、津波防災に関する議論の場を設けることとしましたが、これはゴールではなく、スタートです。

本会での学術的、科学的な議論を踏まえて、社会に対し有益な情報提供を積極的に行い、国、自治体などの行政、関連する団体、そして、家族、個人の一人ひとりが、津波防災の大切さを理解し、適切で具体的な行動をとることができる社会の実現に貢献していきたいと考えます。

そのために、本会は、まず、議論の場を設けることからスタートしました。ここで議論され、検討された知見、知識は、津波災害を軽減することに必ず貢献できるでしょう。それは、日本の国境を越えて世界の津波防災への貢献にもつながるものと確信しています。

津波防災の目的は、「人々の生命、財産を守る」ことです。言葉では簡単ですが、その実現、達成は容易でなく、また完璧な方法があるとは考えていません。しかし、可能な限り、よりよい方法、より完璧に近い対策を見出していくことこそ、本会の使命であります。

津波防災は、数少ない研究者だけではできるものではなく、広く様々の立場の方々の力を合わせないと実現できません。

われわれの活動にご賛同いただける皆様、是非多くのご参加、ご協力をお願いいたします。


  • ロバート・ゲラー
    2017年11月11日

関連団体

ページのトップへ戻る