国際津波防災学会

入会のご案内|会員規則

トップ > 入会のご案内 > 会員規則

会員規則

細則類

細則1.会費に関する細則
(1) 個人会員の年会費は、学生(高校生、専修・専門学校生、高等専門学校生及び大学学部学生)3千円、大学院生5千円、社会人1口1万円(就業してない者にあっては7千円)とする。
(2)法人会員の年会費は、営利法人1口5万円、非営利法人1口3万円とする。
(3)会費は、税法における公益法人に対する寄附としての取扱いを受けることができる。
(4)この細則の改正は、年会で行う。

細則2.年会への付議案件及び報告事項等の内容についての細則
(1)役員の選出(但し、初代代表はロバート・ゲラー、他の役員は代表の指名による)
(2)役員の解任
(3)会則の変更
(4)会費に関する細則の改正
(5)決算及び事業報告
(6)解散
(7)その他、役員会で年会に提出することが必要と認めた事項
以上、第3条関連プログラム以外の年会運営に当たっての提出事項を定める。

細則3.定期総会に関する細則
(1)本会は年1回定期総会を開催し(以下「年会」という)、これに合わせて、シンポジウム、招待講演、公募講演などで構成する学術集会を開催する。
(2)学術集会に会員でない者が参加する場合、参加費は6000円とする。運営に当たっての提出事項を定める。

細則4.会則第3条第2項に係る専門分科会に関する細則
(1)分科会は会員2名以上が活動計画(案)及び予算(案)を役員会に提案し、その承認を経て設立される。
(2)分科会は会員資格を持つ幹事2名によって運営される。
(3)幹事の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
(4)幹事が交代するときは、役員会に申し出て承認を得なければならない。
(5)幹事は役員会に年間活動報告及び決算報告を行い、承認を得なければならない。
(6)分科会に会員でない者が参加する場合、参加費は一回2000円とする。ただし、招待講演者についてはその限りでない。
(7)幹事は分科会の会計すべてに責任を負い、決算において残金が生じた場合は学会事務局に送金しなければならない。

細則5.年会費及び参加費の支払い方法に関する細則
(1)会員はWEB/コンビニ/銀行・郵便口座等を利用することにより、年会費を支払うことができる。
(2)年会支払期限は3月末日とする。
(3)分科会および学術集会への参加費は、WEB/コンビニ/銀行・郵便口座等の利用に加え、会場で現金で支払うことができる。一旦納められた参加費はこれを返還しない。


※国際津波防災学会会則はこちら。
トップ > 組織紹介 > 学会会則

関連団体

ページのトップへ戻る