国際津波防災学会

学術集会|終了したの学術集会

トップ > 学術集会 > 終了した学術集会 > 第2回都市共生防災分科会合

「国際津波防災学会」第2回都市共生防災分科会合
シンポジウム:都市共生の視点から津波災害対策を考える

共  催愛知県立大学看護学部
後  援愛知県
日  時2018年9月29日(土)13:00-17:00
会  場愛知県立大学 守山キャンパス
(名古屋市守山区上志段味東谷かみしだみとうごく、JR中央線高蔵寺駅下車、徒歩20分)

プログラム ■当日の資料を掲載しております

13:00-13:20オープニングレクチャー(開会の辞)
津波防災における都市共生の課題と展望
 戎崎俊一(学会総務財務担当役員、理化学研究所・主任研究員)
シンポジウム
13:20-13:401.津波浸水エリアの保育園・幼稚園の避難対策の考え方
 清水宣明(愛知県立大学看護学部・教授、司会)
13:40-14:002.災害拠点病院から見た地域傷病者の津波対策の現状と課題
 青木悦子(伊勢赤十字病院・防災担当副看護部長)
14:00-14:203.大規模地震災害に備えた外国人への対策と課題
 泉川雅子(豊田市役所経営戦略部国際まちづくり推進課・担当長)
14:20-14:404.津波災害に備えて -浸水想定エリアの事業所の場合-
 渡邉吉之(MHIプラントエンジニアリング&コンストラクション(株)・主幹)
14:40-15:005.津波避難の現状「津波てんでんこ」への提言
 江頭満正(尚美学園大学総合政策学部・准教授)
15:00-15:20休憩
15:20-16:40パネルディスカッション   -災害弱者 その時、何が問題なのか?-
16:40-17:00クロージングレクチャー(閉会の辞)
 大学としての防災教育と地域貢献
 柳澤理子(愛知県立大学看護学部・教授、学部長)


関連団体

ページのトップへ戻る