国際津波防災学会

Japanese | English

トップ > 学術集会 > 終了した学術集会

終了した学術集会

「国際津波防災学会」第3回総会/学術集会

主催国際津波防災学会
共催東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)
日時2019年11月6日(水)10:00-17:40(受付開始9:30)
会場日本大学理工学部1号館2F 大会議室
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1丁目8-14
駿河台キャンパスへのアクセス

プログラムPDF

プログラム

1.総会(10:00-12:45)
10:00-10:10 開会の辞 山中 燁子(国際津波防災学会代表)
10:10-10:20 共催者挨拶 西村 英俊(東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)事務総長)
10:20-10:30 来賓祝辞
  • 自由民主党 二階俊博幹事長・国土強靭化推進本部長
  • 外務省 塚田玉樹地球規模課題審議官・大使
  • 文部科学省 岡村直子審議官(研究開発局担当)
10:30-11:00 基調講演1
「なぜ ひとりの命も失わないということを目標に掲げたのか
― 国土強靭化哲学の文明論的時代認識 ― 」
福井 照(衆議院議員、自民党国土強靭化推進本部事務総長)
11:00-11:40 基調講演2
Disaster Mitigation in Indonesia (TBC)
Dr. Dwikorita Karnawati (Director General of BMKG, Indonesia)
11:40-12:10 基調講演3
近年の主な災害と政府の対応について
青柳 一郎(内閣府政策統括官(防災担当))
12:10-12:45 総会
議事および会務報告
2.ランチ(12:45-13:45)
3.学術セッション(13:45-17:30)
基調講演 13:45-14:45
13:45-14:15 基調講演4
日本周辺海溝域の海底地すべりとプレートテクトニクス:津波発生帯の過去,現在,未来
小川 勇二郎(筑波大学名誉教授)
14:15-14:45 基調講演5
Palu submarine Landslide Tsunami on 28 September 2018: Evidence from Geological and Gravity Instabilities
Dr. Ade Kadarusman, Professor, University of Indonesia, Indonesia
学術発表 14:45-17:30
14:45-15:00 一般講演1
津波災害地域への国際援助
竹谷 公男(国際協力機構)
15:00-15:15 一般講演2
大正関東地震による相模湾の津波計算と海底地形変化について
村田 一城((国)海上・港湾・航空技術研究所)
15:15-15:30 一般講演3
火山性津波による災害の軽減に向けて
石峯 康浩(富士山科学研究所)
15:30-16:00 コーヒーブレイク
16:00-16:15 一般講演4
津波で誰も溺れさせない
江頭 満正(尚美学園大学)
16:15-16:30 一般講演5
津波防災対策検討分科会の設立趣旨
市川 洋(元 海洋研究開発機構)、浜田 英外(防波システム研究所)
16:30-16:45 一般講演6
入管法改正が都市防災に与える影響
近藤 秀将(行政書士法人KIS近藤法務事務所)
16:45-17:00 一般講演7
沿岸都市のBCMS に対応する港湾津波ハザードマップ開発
増田 光一(日本大学理工学部海洋建築工学科)
17:00-17:15 一般講演8
文明と天災Ⅰ~防災教育おける実践的知性
青葉 あずさ(立命館大学)、鈴木 みその、横瀬 和治、永森 貴子(暁星国際高等学校)
17:15-17:30 一般講演9
文明と天災Ⅱ~実践的知性と経験化
みのり、横瀬 和治、永森 貴子(暁星国際高等学校)
4.閉会の辞(17:30-17:40) 丸山茂徳(国際津波防災学会副代表)

関連団体

ページのトップへ戻る