国際津波防災学会

Japanese | English

トップ > 学術集会 > 今後の学術集会

今後の学術集会

「国際津波防災学会」第2回総会/学術集会

主  催国際津波防災学会
共  催東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)
日  時2018年11月19日(月)10:00-17:20
会  場国際連合大学(国連大学)エリザベス・ローズ国際会議場
〒150-8925東京都渋谷区神宮前5-53-70
※報道・取材・撮影を行う方はこちらをお読みください

プログラム(日英の同時通訳があります)

1.総会(10:00-12:00):総合司会 戎崎俊一(国際津波防災学会総務担当、理化学研究所主任研究員)
①10:00-10:10開会の辞  山中燁子(国際津波防災学会代表)
②10:10-10:20共催者挨拶  西村英俊(東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)事務総長)
 10:20-10:45来賓祝辞
*大竹美喜(公益財団法人国際科学振興財団会長)
*鈴木秀生(外務省地球規模課題審議官・大使)
*岡村直子(文部科学省大臣官房審議官(研究開発局担当))
*松岡由季(国連国際防災戦略事務局(UNISDR)駐日事務所代表)
*来賓ご紹介
 10:45-11:30基調講演
*二階俊博(自由民主党幹事長・国土強靭化推進本部長、国際津波防災学会最高顧問)
* C.W. ニコル(環境活動家、小説家)
③11:30-12:00総会
議事および会務報告
2.ランチ(12:00-13:00) 会議場横のラウンジにて軽食を提供
3.学術セッション(13:00-17:15)
①基調講演 13:00-14:00
 13:00-13:30Tsunami, Disaster Risk Management, and SDGs
沖大幹(東京大学生産技術研究所 教授・国連大学 上級副学長)
 13:30-14:00Tsunami research and its practical use for hazard mitigation
金森博雄(カリフォルニア工科大学名誉教授)
②学術発表 14:00-15:30
 14:00-14:15Origin of Tsunami and Disaster Prevention Project
丸山茂徳(国際津波防災学会副代表、東京工業大学特命教授)
 14:15-14:30The Aceh Tsunami from an historical viewpoint, the impact of damage and efforts to face future disasters
ムザイリン・アファン(シーア・クアラ大学教授)
 14:30-14:45Unknown Value of Inamura Fire, Spirit of Hamaguchi leads 160 years future UN initiative "Sendai Framework for DRR"
竹谷公男(国際協力機構上席国際協力専門員)
 14:45-15:00Protect sick and wounded people and medical staff from tsunami disasters: Preparation of an evacuation map for visiting nursing staff and its operation
清水宣明(愛知県立大学教授)
 15:00-15:15The importance of "Human Society and Earth Environment" studies in the education of disaster prevention
笠原正大(暁星国際学園ヨハネ研究の森コース主任研究員)
 15:15-15:30Don't run away from a tsunami, but evacuate by floating
江頭満正(尚美学園大学准教授)
 15:30-16:00コーヒーブレイク
③パネルディスカッション
 16:00-17:15山中燁子(国際津波防災学会代表、ケンブリッジ大学客員教授):モデレーター
ロバート・パットン(ADRA Asia Region offce)
フレディ・スヴェイネ(駐日デンマーク王国大使)
三井紀代子(貴凛庁株式会社代表取締役)
村田仁(NEC未来都市づくり推進本部マネージャー)
4.17:15-17:20 閉会の辞  丸山茂徳(国際津波防災学会副代表)

※プログラムに変更が生じることがあります。




・渋谷駅から徒歩10分
・地下鉄表参道駅出口B2(銀座線、半蔵門線、千代田線)から徒歩5分

関連団体

ページのトップへ戻る